黒や紺、べーシックカラーは無難。ユニクロの服は無難だから・・・それ、本当?!


『無難』という言葉の落とし穴

『自分に似合う色が知りたい』
と言ってみなさんパーソナルカラーを受けて下さり本当に嬉しい限りなのですが、
『色物は似合うかどうかわからないから、黒や紺だったら無難でしょ?!』
とおっしゃって黒や紺などのベーシックカラーを選んでいる方が多い。。。


そして、ユニクロの洋服で似合う似合わないを判断されている方もわりと多めの印象。


・自信をもって似合うと思える服が分からないのに、高い服を買って失敗したくない。
・自分に自信がないので、人の目につくような色モノを着るようなことはできない。
・プチプラのお店でばかり服を買っていたので、オシャレな定員さんがいるショップには入りづらい。



リスク回避のために、目立たないようなベーシックカラーを選んでみたり、ユニクロなら誰が着ても大丈夫。ユニクロって誰もが着れるようなデザインの服でしょ。買ってみてやっぱり違った~と思っても、『ユニクロだし』と諦めもつくなんて思う方も多いようですが…


どんなものにしても、

万人に合うものはない

というのが私の考え。(笑)
そして、『無難』こそ『無難ではない』と思うくらい実は難しいものだと思っています。料理や音楽などでも単調なもの方が実は難しいってありますよね?カルボナーラが実は難しかったり、ゆっくりした単調なバラードの曲の方が息継ぎが難しかったり…とそんな感じですw


パーソナルカラーというモノが存在しているように、その人それぞれに似合う色があり、似合うデザインが違います。


『自分に似合う色が分からないんです。自分でいいと思ったんだけど、娘に似合ってないって言われて…』
『イエローは若者の服だから!こんなの着ないでよって娘に言われて…』


なんてお母さんになると娘さんたちから他人からは言われないような厳しいチェックが入るため、より自分の感覚に自信がなくなってしまう方も多い様子。


だからこそ、『安物買いの銭失い』にならないように、しっかり自分のことを知って好きなように服を選んで欲しいって思うのです♡

ベーシックカラーとは?

ベーシックカラーとは、インテリアなどで使われているベースカラーと呼ばれる色と同じように、大きな面積で使用してもあまり主張がなく、他の色合いと調和しやすい色のことです。
ベーシックカラーには黒、白、グレーのようなあまり色合いや寒暖を感じない無彩色と呼ばれる色と、ベージュ、紺、茶のように色味があり寒暖を感じさせる有彩色があります。

赤やピンク、ブルーなどの色は、よく言われるブルべ・イエベなど大まかに分けられる色味があり、更には春・夏・秋・冬のシーズン毎に似合うピンクやブルーが違うということをみなさんなんとなくご存じのようですが…

ベーシックカラーと呼ばれている茶、紺、グレーなどもそれぞれちゃんとシーズン別に似合う色があるのです♪

上の図のように、各シーズンそれぞれに似合うベーシックカラーは変わることがお分かりいただけると思います。
無難と思えるベーシックカラーでも、似合う色ではない色を身に着けると、下着を着ているように見えたり、年齢が実年齢より上に見えたり、なんか貧相に見えてしまったり…とよくない効果が表れます。


逆に、似合う色であれば同じ茶色でも高価なコートを着ているように見えたり、重く見えなかったりと素敵に見える要素は高くなります♪


これだけは覚えておいて欲しい色♡

赤やオレンジ、ブルーなどの色味でもシーズン別の色味を見つけることが難しいのに、ベーシックカラーまでこんなに色味があるなんて、覚えられない!
と言ういう方にこれだけ覚えておいていただきたい♡


上の表のようにベージュも紺もそれぞれのシーズンに似合う色がありますが、各シーズン代表のベーシックカラーがあります♪
得意な色なので、比較的色幅も広めに使えます。

各シーズンの代表的な
ベーシックカラー

比較的広い色幅の色を使っていただけます♪

スプリング・・・ベージュ
オータム ・・・ブラウン
サマー  ・・・グレー
ウィンター・・・ブラック・ホワイト

そして、ちょっと注意していただきたいのが、普段みなさんがこの色なら無難でしょ♪って思われているブラック。
顔の下に肌より暗い色を置くことで、『対比』という現象が起きるため肌は白く見えるのですが、実は着こなしが一番難しい色と言われています。


上の表ではあえてブラックはウィンターのみにしてますが、本当の意味でブラックが似合うのは、強さやメリハリのある服を着こなせるダイナミックさやモダンな印象を持つウィンタータイプなのです。

でも、他のシーズンの人が着られないわけではありません♡

シーズン別のブラック

スプリング・・・艶感のある黒
スプリングをイメージさせる華やかな印象を持つデザインや肌をできるだけ出すデザインがおススメ。


イメージ



サマー  ・・・広範囲の黒
サマーをイメージさせる優しい雰囲気やエレガントさ、ソフトな印象を持つデザインで黒を使っている服がおススメ。

イメージ



オータム ・・・マットな黒
オータムをイメージさせるシックなデザインや落ち着いた印象のイメージデザインで使われている洋服がおススメ。

イメージ



ウィンター・・・代表的なベーシックカラー
唯一困ったらブラックの服を選んでと言われるシーズン。メリハリ感やダイナミックなデザインの服も着こなせるタイプのため、他の色もブラックと合わせるとかっこよく着こなせます。

イメージ


ちなみに、10代、20代の方たちはエネルギーが高く、肌にもハリがありくすみやシミ、しわなどもほとんどないため、『若さ』でブラックのみならず、他の色味も雰囲気で着こなせますw


ですが、年齢を重ねるたびにお肌の状態も若い時に比べ、シミやくすみ、しわなどが増えたり、お肌のハリも落ちてくるため、『無難』だったはずのブラックが似合わない、重い印象、なんか貧相に見える…なんて現象が起きたりします。


最近の研究では、ブラックやグレーのマスクをしていると口角が下がり、肌の調子も下がり寂し気な印象に見えと言われています。
それに対し、ピンクのマスクをつけると肌艶がよくなり、降格も上がりマスクを外した後も幸せそうに見えると言われています♪


これは色の効果です。
私たちは色のエネルギーを受けています。
色は常に波動を出しているため、触れている肌からも吸収されると言われていますので、できればベーシックカラーばかりではなく、ピンクや黄色などの色も着てエネルギーを上げて素敵に過ごして欲しいと思います♪



ユニクロの服の落とし穴

最初にお伝えしたいのは、『ユニクロの服が決してダメというわけではありません』ので、ご注意を♡

私もかつて愛用させて頂いておりましたし、ご親戚?のGUにおいては今も時々使わせて頂いていますので、万人に受け入れやすいような洋服やプチプラやファストファッションの服がダメだとは決して言いません。


基本的に私は雑食のため、気に入ったり使えると思ったらメーカー・ブランド問わず取り入れますw
なので、うまく使ってほしい♪と思っているのですが・・・


最初にお伝えした通り、『みんなに受け入れられる服=たくさんの人が着ている服』。
そして、ユニクロの洋服のデザインは、『カジュアル・スポーティー』というジャンルの1つでもあります。


そのためたくさんの方が同じ服を着ているとしたら、この『カジュアル・スポーティー』が似合う方が一番素敵に見えるのですw


もちろんそれは色も同じこと。
ユニクロさんは基本的に同じお洋服でもたくさんの色バリエーションがあります。それを見るだけでも私はめっちゃワクワクするのですが、やっぱり全員が似合う色というのはなかなか存在しないので、似合う似合わないは出てきます。;^ ^


自分だけが着ていたら似合うと思う洋服も、ばっちり似合っちゃう人が表れちゃうとその方の方が素敵♡って思ってしまうのは仕方ないこと・・・。
他の洋服でも同じことが言えますが、ユニクロは何せ着ている方が多いため、かぶる確率も上がります。なので、ユニクロの服で似合う似合わないを決めないで欲しいのです。


あなたにちゃんと似合う色やデザインは必ずあります♡
逆に、ちょっと冒険してでも普段入ったことのないショップや、普段着ないような服にチャレンジすると新たな発見がきっとあります♪


そして、ユニクロやの服はベーシックだからこそ他の洋服と組み合わせがしやすかったりもしますので、他の洋服の中に、ユニクロの服を入れ込むという使い方がおススメ。
GUにいたっては比較的低価格で流行の形の洋服を取り込めたりします。でも、若い子や着てる人はやっぱり多めなので、ご注意を♡


そして、全身プチプラやファストファッションの服で全身をまとめるのではなく、ちょっとお高目な洋服にもプチプラやファストファッションをプラスすると、お財布にも優しい使いまわしができるコーディネートを楽しめますので、おススメです♪

自分のパーソナルカラーが分からない。
ちょっと知ってみたいという方はこちらから♡

カラーセラピー センセーション ボトル セルフ診断

ちゃんと自分の目で似合う色を確かめたいという方はこちらから♡
自分の目で色を確認できると『着れない』が『着られるかも?』に変わります♪
お買い物が楽しくなりそう♡と言っていただけるメニューです。



◆ 関連記事 ◆

◆ 最近の記事 ◆