『十人十色』というように、一人ひとり違って当たり前。
冷静になればそう考えられるのに、私たちは自分の価値観や感覚、世界観を通して相手を見るため、他者も自分と同じ感覚を持っているんじゃないかって勘違いしてしまうと、うまくいかないって感じやすくなるんですよね。

でもだからこそ人間関係は、自分のタイプと自分以外のタイプを知ると円滑になる。
まずは自分にはこういう思考の癖があったり、価値勘があるって認識する。
その上で、他の人のタイプを知ると自分とは違うんだって理解すると、流すべきところは流せるし「そういう人もいるよね~w」って他者を受け入れやすくなる。

「タイプ」に分ける方法はいろいろありますが、色の持つ意味とチャクラから人のエネルギータイプをご紹介します♪

色には個性があるんです♪

色には『個性』があります。
赤は情熱、青は沈静、グリーンはリラックスといった 意味や効果があることをみなさんご存じかと思いますが、それぞれの色が『個性』的な特徴を思っているんです♪

『チャクラ』と呼ばれる思想から考えると、私たちは虹の7色のエネルギーを全部持っているということになります。
全部等しく持っている(使えている)とバランスが良いと考えるのがチャクラの考え方。

チャクラのお話はこちらから♪

女のことがは頭の上で手でハートを作っている写真


でも、人それぞれ得意不得意があるので、その中のどの色が『強く出ているか』によって「個性がある」と考えるのがこの色から見た人の個性♡

どれがいいとかではなく、「こういう人がいる」ってことを知るだけで、他者への理解が進みコミュニケーションがラクになります。^^
また、自分がどの色が強いかを知ることで自分への理解も進むため、自分を好きにもなれるんです。自分を好きになれると、他者へもやさしくなれる♪とてもいい循環ができます♡

色ってちょっと面白いかも♡と読んで頂けると嬉しいです。^^

パープル・インディゴってどういう色?



インディゴ・パープルは、ブルーよりももっと深遠になっていきます。
ブルーは精神性を表し、内省をすることで自分と繋がり、自分の中にあるものを表現する色。ブルーより精神性が深くなっていきます。
インディゴ・パープルの次に続くのは、『チャクラ』での最終段階に当たるバイオレットの「自己実現」。

自分の人生のゴールに向かうために、ブルーよりもっと深く自分と繋がり「何のために生まれてきたのか」、「どうありたいか」、「どう生きたいか」を問う色です。
直観や直感、洞察力なども意味する色で、宇宙からのエネルギーを受けとる色でもありますが、この目には見えないものを受け取るためにはそれ相応の器がないと受け取れません。
レッドの地に足をつけ、自分の精神性を高め自分と繋がることができているからこそ、第六感的な目に見えないものを受け取れるようになるというのが、このインディゴ・パープルでもあります。


『チャクラ』で考えると、インディゴ・パープルが培われるのは36~42歳。幼少期から経験と体験を重ね、知恵と知識を積み重ね、36歳ともなれば社会を中心となって廻していく人々の一員ですよね。
現在では、60歳を過ぎてもまだまだ元気な方が多いので、その後もお仕事をされている人も多いですが、自己の人生の総仕上げの前に自分の今後について考える時。自分や他者、社会のために自分の持つ能力を生かし貢献するたためには、と考える時なのです。

また、インディゴ・パープルは実は「知っている」という色でもあります。
真実を知っている色。「使命」という言葉がありますが、私たちは生まれてくる前にこの地球上ですべき役割を持って生まれ来ると言われています。ただ、そのことを忘れて私たちは生まれてきます。
なので、本当は「自分が何のために生まれてきたか」を知っているという色。

地に足をつけ、自分の意思を持ち、人と関わりながら生きているうちに、いずれ「自分とは?」に行きつく。でも、深く自分と関わることができていれば、自ずと自分の使命に気づいたり、宇宙からのメッセージを受け取ることができるというのもこのインディゴ・パープルなのです。

インディゴの個性


パープル・インディゴは、思慮深い、落ち着きのある色です。
パープル・インディゴは、ブルーよりも深みを帯びた色をしているため、ブルーの精神性がさらに深くなります。


パープル・インディゴの個性を持っている人は、内観や自己対話ができるため、自分をよく知っています。
そのため、周囲の意見や一般論に惑わされるようなことがありません。自分のことについて誰かの意見を聞いて判断する必要がないからです。
そのため、第六感のような目に見えないものを感じたり、インスピレーションを受け取ることができるのです。自分の中に自分を信用できるだけのベースを持っているため、これらのメッセージを素直に受け取り行動することができるのです。


また、物事をとらえる時も目に見えているものや、その場にある部分だけを見るのではなく、全体的な概要を把握してから詳細を見ようとします。
俯瞰的に物事を見ることができるため、表面的なことに惑わされることなく、そのもの自体の本質を見抜くことができます。


洞察力や直観・直感が優れている人が多く、一般的なデータや、自分以外の何かより自分の感覚を信じて行動するため、ちょっと神秘的な雰囲気さえ感じるかもしれません。


静かな環境や時間を好むので、誰かと群れることをあまり好みません。
パープル・インディゴの個性をもっている人は、控えめで謙虚。だけど、存在感があるちょっとミステリアスな雰囲気をもった人なのです。

インディゴ・パープルのエネルギーが
ちょっとネガティブに表れてしまうあなたへ


インディゴ・パープルは、「スピリチュアル」や「深い内省」の意味を持つ色。
そもそも第三の目と呼ばれる位置にある色のため、第六感や直感・洞察力など、目には見えないスピリチュアル的なことを意味します。
また、宇宙や深海のような光のない場所を意味する色。
私たちは光のない場所では精神活動が活発になり、意識は自分の内側に入ってきます。夜になるとしょうもないことを考えてしまったり、悩みや考え事がぐるぐるして眠れなくなったりする方もいると思いますが、精神活動を意味する色なのです。


インディゴ・パープルがネガティブになると。
・自分の殻に閉じこもり、人の意見を聞けなくなる
・引きこもりがちになったり、人と距離をとったりする
・スピリチュアルや、占いなどにはまったり第三者の意見に依存する
・孤独を感じたり、恐怖心を持ちやすくなる
・自分のことがわからなかったり、自分の進む道がわからなくなる
なんて状態になったりします。


インディゴ・パープルは宇宙や深海を意味する色。
深い深い闇を意味する色なのです。
そもそも闇なので、先が見えない色なのです。
どこまで行けば行き止まりなのか、はたまたず~っと先が見えないままなのか、見えないからわからないという色であり、見えないから見たくなるような色なのです。
そのため、普通にネガティブになると深みにハマりやすくなります。


悩み始めると、ぐるぐると深みにはまって自分の存在意義は?と考えたり。
このままで自分はいいのだろうか?と不安になったり。
自分で答えを出せないので、占いやスピリチュアルのような自分以外の何かに答えを求めようとしてハマってしまい、より自分が見えなくなってしまったりします。


最近では、スピリチュアル的な考え方や、「宇宙」のような漠然とした何かからのエネルギーやメッセージを受け取ることも受け入れられるようになってきたため、精神性に偏る人がそもそも多くなってきています。
そのため、「使命」という言葉に振り回されてしまう方も。


インディゴ・パープルには、もちろん「使命」という意味があります。
でも、「使命」は誰かに教えてもらうものではなく、自分で気づくものというのがカラーセラピーの考え方。そもそも「知っている」はずなのです。
そのため、行動しているうちに見えてくるものとも考えます。


レッドやオレンジ、イエローなどの暖色系のボディが安定していない(地に足がついていない)状態で、精神性ばかりを求めると、スピリチュアルや占いなどで騙されやすくなり、お金や時間を無駄にしてしまうような方に出会う確率も上がりますので、まずは自分のことを信じてあげてください♡


身体を動かしてそもそもの健康な心身を手に入れることや、自分の意思をしっかり持つなんてことも、スピリチュアル的なエネルギーやメッセージを受け取るには必要です。
宇宙のエネルギーは大きいので、受け皿がしっかりしていないと受け取れないなんて考え方もあります。
ぜひ、偏りすぎない宇宙とのつながり方をしてくださいね♡

インディゴ・パープルのエネルギーを持つ人と
うまく付き合うために♪



インディゴ・パープルの個性いかがでしたでしょうか?

あなたはインディゴ・パープルの個性に共感した人?
それともインディゴ・パープルがちょっと必要な人?
もしくは、インディゴ・パープル多めの人との接し方に困っていたりするのでしょうか?^^


インディゴ・パープルは、大人なふるまいができる「精神性」の高い色。そのため、困るようなことをする方は少ないはずなのですが。。。
いらっしゃるとしたら、スピ系や宗教的な集まりなどのちょっと現実逃避に近いようなものに偏った状態でハマってしまっている方かな、と。
そして、それを強くお勧めしてくるような。。。


インディゴ・パープルは、先ほどもお伝えしたようにハマりやすい色です。
そもそもは、自分の人生をよくするために行動した結果のはずなのですが、自分の土台が不安定のまま他者の意見を取り入れると、その方に依存するような形になってしまいます。


また、インディゴ・パープルは自分を特別な存在と考えがちになる色。
本来バランスよくポジティブにこの色を持っていると、個々が「特別な存在」になるため、「自分も他者も特別な存在」になるのです。
そのため、自分を押し出して「すごいでしょ!」とアピールをしたりする必要がないため、普通に個性的で魅力的な人になる色のです。


でも、暖色系のベースがない状態でこの「自分は特別な存在」のみを求めると、他者を無視して自分のことだけを優先したり、スピリチュアルのような精神性の高いものにはまり、偏ったメッセージを発信し始めるなんてこともあり得ます。


もし、自分の価値観や世界観を強くお勧めしてくるような方に困っているようでしたら、その方の言っていることの本質や、その方自身を見て下さね。
本当に信用できる話なのか、そうでないのか。
自分に必要なことなのか、そうではないものなのか。
自分がありたい自分でいるために必要なものなのかどうなのかなど



誘われたから、良さそうな話だからではなく、自分にとってどうなのか。
何事にも自分の意思。自分の価値感が必要なのです♡

◇今の自分に力を貸してくれる色を知りたい方はこちらから◇

その他の色の個性

オレンジの個性

イエローの個性

イエローの個性

グリーンの個性

ブルーの個性

バイオレットの個性


◆ 関連記事 ◆

目次チャクラとはチャクラを知ると生きやすくなる第2チャクラの…

目次誰かのために、自分のために「色」を学んでみませんか?「好…

目次カラーセラピーとは?カラーセラピーは古くて新しいセラピー…

目次カラーセラピー を体験してみませんか?無料の理由♡月に3…