センセーションカラーセラピーとは?

センセーションカラーセラピーの特徴

センセーションカラーセラピーは、1995年、カナダ・バンクーバーでステファニー・ファレルによって作り出されたシステムです。


ステファニーは、イギリスでボトル型セラピーを学び、カナダに帰国後センセーションを誕生させました。
そのため、ボトル型セラピーの基礎を取り入れつつ、単色のボトルでありながら2層ボトルのノウハウも取り入れているため、深く心理を読み解くことのできるシステムです。


10色の色は「視覚」から、ボトルの中のアロマの「香り」は嗅覚から心理にアプローチをします。

センセーションカラーセラピーができた当初、ステファニーはクリスタルボウル・ヒーラーのレニー・ブロディ女史と「五感を癒すヒーリングオイル」として普及していました。


後に、センセーションジャパン(エコール・ド・メチエ)に代表 橋本俊哉氏により、英国式カラーセラピーの創始者たちの力ものと「カウンセリング手法」が組み込まれました。
現在、日本で多くのセンセーションカラーセラピストが活躍しています。

センセーションカラーセラピーの手法

センセーションカラーセラピーでは、
10本のカラーボトルから6本を直観で選んで頂きます。


左から2本ずつ、色に表れた色の意味を診ていきます。

左から
「過去」・「現在」・「未来」


◇過去からわかること
 トラウマへの気づき・こころの壁
 本質・基本性質 (私たちが忘れている または、今も持っているもの)
 
◇現在からわかること
 問題・ハードル・チャレンジ
 自覚・無自覚での心身の状態や、自分を取り巻く環境について

◇未来からわかること
 方向性、自覚・無自覚による理想や望む自分と可能性


カラーセラピーは、クライアント様ご自身に、直観を基に、「選び」、「手に取り」、「置いて」いただきます。


この動作を通した色には、ご自身の自覚していないような本当の思いや心身の状態が表れます。


ただし、カラーセラピーは、占いではありません。


あくまでも、セラピストが色と置いた位置から伺える『色の意味』を問いかけることで、クライアント自信が答えを導き出していただくためのツールです。


私たちは、本当は答えを知っているのです。
そして、その自分の中にある思いに気づいた時に、また新たに私たちは歩き出せるのだと思います。

ミッシングカラーとヒーリングカラー

カラーセラピーは、本来
『診断』と『処方』からなり立っています。


選んだ色から現在の心身症状を診断し、望む未来へ向かうために必要な色を『処方』するという流れになっています。


その『診断』にあたるのが、色を選び気づきを得るという部分です。
そして、『処方』にあたるのが、今からお伝えする色についてです。

ミッシングカラーとは?

ミッシングカラーとは、選んでいない色(失われた色)のことを指します。

後ろの4本がミッシングカラーになります。


『選んでいない』のか、『選べなかったのか』

10本の中から6本選んで頂いた、残りの4本がなぜ残っているのかを診ていきます。


私たちが選ばない色は、
・必要ないので選んでいない
・必要だけど、選ぶのが怖い もしくは、まだそこに至っていない

という理由で手に取っていないのです。


もう既に手にしたテーマを持っているから、不要なのか、まだそのテーマを手にする準備ができていないのか?
ただ、失われた色がある(欠けている)と言うことは、その色を足すことでバランスが取れると言うことなのです。
そして、その色を足すことで望む未来へ行くことをサポートしてくれるため、その隠れた意味も診ていきます。

ヒーリングカラーとは?

ミッシングカラー、またはセレクトした色から『処方になる色』を選んで頂きます。


この色を選ぶことで、今自分に必要なテーマを意識できるため、『望む未来』へサポートしてくれるお守りのような色なのです。

ヒーリングカラー
選んだヒーリングカラーでカラーブリージングを行います。

オレンジを選んだのであれば、オレンジを生活の中に取り入れて意識づけをしていきます。


オレンジのボトルの香りを手に取り、カラーブリージングと呼ばれる色を色彩呼吸法を使い、潜在意識の中に色を落とし込みます。


香りは脳に直結しています。
香りから色のイメージを脳に伝え、自分に必要な色の意味を刷り込ませるのです。


そのほかに、その生活の中に色を取り入れる方法をお伝えして、セッションが終了になります。

生活の中に色を取り入れる

カラーセラピーは、その時診断したら終わり。
というものではないと私は思っています。


日々、心の中は変化し、日常も変化していきます。
忙しい日々を過ごしていると、自分のこころの声を忘れてしまうことも多々ありますよね。


私は、ずっと幼いころの感情にフタをして、自分のこころの声を聴くことなくただただがんばっていました。


おかげでいろんなことをこじらせて、生きづらささえ感じていました。


でも、色を生活にとりいれ、自分のこころの声に耳を傾けているうちに、自分のこころと仲直りができるようになったのです♪


今、自分はどんな状態なのか、
本当は何を必要としているのか、
今の状況をもっとよくさせるために私はどうしたいと思っているのか?


そう、本当はあなたは知っているのです♡


色にはエネルギーがあります。
味方につけることで自分の世界はカラフルになるんですよ♪


センセーションからセラピーのセッションは、こちらから♪


◆ 関連記事 ◆

センセーショントリコロールのジプシーズのボトルの写真
ジプシーズについて ジプシーというと、最
センセーションカラーセラピーのボトルの写真
色には、自分が認識していない、自覚してい
センセーショントリコロールのDivine Light Missionのボトルの写真
神聖なる光のミッションについて Divi
センセーショントリコロールヘカテのボトルの写真
ヘカテについて ヘカテはギリシャ神話の女
TCカラーセラピーのボトルの写真
色ってそもそもなんだと思いますか?生活の
センセーショントリコロール堕天使のボトルの写真
堕天使について 堕天使は、『堕ちた天使』

◆ 最近の記事 ◆

センセーションカラーセラピーのボトルの写真
『色で何が分かるんですか?』と時々聞かれ
もうすっかり秋になりましたね。秋になり、
パソコンの写真
当サロンで受けられるオンラインレッスンを
ラベンダー畑の夜の写真
バイオレットの色彩象徴は、夜の空。今は、
センセーショントリコロールのジプシーズのボトルの写真
ジプシーズについて ジプシーというと、最
トーンの表と色相の表の写真
『自分に似合う色が知りたい』と受けて頂く