治らないと言われていた乾癬が治療せずに治ってきたお話。

乾癬(かんせん)とは?

乾癬(かんせん)ってご存じですか?

この記事に目を止めてくださっている方は、同じく苦しんでいらっしゃる方が多いのでは…と思いつつ、知らない方が知ってくださったらいいな。
そして、治らないって言われた病気をも改善させる方法を知って欲しいな…と思って乾癬のことを書くことにしました♪


私がはっきりと発症したと思われるのが、20年くらい前。
病名が明らかにされてない頃から既にかかっていたような気がするので、付き合いはかなり古いんです。

最近では、ヒャダインさんや、道端アンジェリカさんが乾癬患者であることを公表してくださっているので、知っている方も増えているようですが、昔は欧米の人に多く発症されていて、日本人では珍しいと思われている病気でした。

乾癬は、皮膚に、炎症(赤み・腫れなど)が生じる全身性の病気です。乾癬の皮膚症状は、頭皮、ひじ、ひざやひざ下、おしり、つめなど、外部からの刺激を受けやすい部位に多くみられます。乾癬の症状は、皮疹などの皮膚症状の他に、関節症状(痛み・腫れ・変形など)が出ることもあります。乾癬の発症原因はまだ詳しくわかっていませんが、体内の免疫バランスの異常によっておこると考えられています。乾癬は、他の人にうつることはありません。症状はよくなったり悪くなったりを繰り返すため、長期的な治療とケアが大切になります

乾癬パートナーズ!より

原因はストレス?!

乾癬パートナーズ!さんの説明にに書かれている通り乾癬は、皮膚の疾患です。
病院に行かなくなってから、2年くらい経っているので現在いろいろ治療法は進んでいると思いますが、当時は原因不明。
どこの病院へ行っても、『ストレスためないでね、ストレスが一番悪いから』と言われてました。
ストレスって、医者の逃げ口上じゃない?って思いますよねw

DNAの一部が壊れていると言われてみたり、治らない病気だからうまく付き合ってと言われたり。
治すための薬があるけど、間違えると将来子供に影響があると言われた薬を、20歳の頃に試して母にすんごい怒られたり。
それでも肌に出てくる病気なので、藁をもすがる気持ちでいろんなことを試したことも…

知らない人に『肌どうしたの?』『アトピー?』『湿疹?』って言われるたびに、『そうなんです』ってテキトーに答えてみたり。
乾癬は言葉に出すと「かんせん」なので、『感染』すると思われると面倒だったんです。


どんな病院へ行っても言われることはほぼ同じ。
治療という治療もなく、 出される薬も変わりない。
でも、通院代と薬代だけはとんでもなくかかるというとんでもなく厄介な病気なのです。

会社を辞めたらよくなる?!

30歳手前で全身に激しく広がり『ねずみ男』みたい。。。って思うくらいひどい時があったんです。見かねた親に、『すぐに会社を辞めて入院しろ!』と言われたことがありました。
当時私は派遣で働いていたので、辞めようと思えば辞められる状態だったんです。

元々は、父の会社を継がされるべく大学卒業後実家へ強制送還され、死にそうになったので東京へ逃げたのですが…
そもそも父がワンマンすぎて、悔しいですがお医者さん言うとおり『ストレス』だとも思っていました。

そんな折の入院。
言い出したら聞かない父なので、会社を辞めて入院することにしたのです。
そしたらなんと!完全完治。(笑)

入院辞めてもいいよとも言われましたが、せっかくなので入院ということに。(笑)病室をお掃除してくれるおばちゃんになんで入院してるの?と聞かれてましたw

でもその後社会に復活したら病気も復活し、現在まで。
数年前に、最後に勤めていたリフォーム会社で残業続きの日々を送り、体調を壊して辞めましたが、やっぱり入院騒ぎの時のようには治りませんでした。

この2年間でやってきたこと

病院通いを辞めてから、この2年やってきたこと…
カラーセラピーに出会い、自分と向き合ってきました。^^
自分と向き合うと言っても、どちらかと言うと癒し続けてきたという感じです。
なぁんだ。。。ってお思いですか?

多かれ少なかれ、ストレスが原因と言われているものや病気って、やっぱりこころが関係しているなぁって最近思っています。

昔、乾癬に関するフォーラムに参加した時、他の患者さんの話を聞いたことがありますが、仕事が激務だったり、真面目がゆえに自分を苦しめている方が多かったような印象を持っています。

家庭環境などの幼いころの経験から、本当の自分(感情や直観)に一生懸命フタをして、思考や理性で動いていると苦しくなってきます。
本当の感情にフタをしたままだから、消化できない思いが大きくなり、最悪腐り始めます。
理解してもらえない!どうせ私なんか…と。

小さな子供のころ、親や養育者の人に見捨てられないように、笑顔を見たいがためにこうしたらあぁしたら…ってやってきたことが、今自分のこころにブレーキをかけてしまっているんです。


私の父はとっても怖く、怒ると誰にも止められない状態に。ものが飛んでくるときもあれば、家から追い出されたり。
幼いころ、本当はずっとずっと怯えていたのに、それに気づかないように強気に振る舞っていたから、ずっとずっと苦しかったんだと気づいたんです。
本当は、怖くて寂しかったんだと。

その幼いころにフタをした気持ちに気づいてから、肌の状態は日に日によくなっています♪
もちろん、完治していないためまだまだ見守る必要がありますが。

こんなのやだ~!って思うより、こんな私も私なんだって今では丸ごと受け入れてます。
今の私は乾癬ですら、自分の命を守るために出てくれた発心だと思えばありがたい♡な、と思っています。


今、自粛の時期だからこそ、人と会えないからこそ自分のこころと接する時間を持って頂けたらいいな、と思っています。
もし、あなたが乾癬で苦しんでいるのだとしたら、ぜひ世の中が落ち着いたころ会いにいらして下さい♡
お話しましょう♪

おまけです。
現在私は病院で薬を頂いていないので、ロート製薬さんのヘパソフトプラスという薬を使わせていただいてます。
これでよくなっているのかどうかは定かではありませんが、ご参考としてご紹介です。
でも、とってもいいお薬みたいですよ♡
ロート製薬さんのホームページ


◆ 関連記事 ◆

◆ 最近の記事 ◆