イエローの意味を創り出している色彩象徴は、太陽。
昼間の空の真ん中に位置する太陽の色。
唯一無二の存在で、光を放つのが太陽。
イエローの色の意味はそんな太陽からできています。


私たちはその太陽の光に含まれている虹の7色のエネルギーを
全て持っているというのがカラーセラピーで使われている「チャクラ」の考え。
どれが足りなくてもダメなんです。


足元の土台を固めるレッドから色を積み上げていくと考えるチャクラ。
レッドもオレンジも大切だけど、やっぱりイエローって
人と関わっていくためにすごく重要。


イエローは、「個の確立」意味する色だから。
自分のことを唯一無二の存在と認め、
自分の好き嫌いなどの意思を持ち、
「私はこういう人」という自分のStyleを創る色。


誰かの話を聞いて好きか嫌いを決めるのではなく、
自分の大事なものを大切にするために
自分の中の「好き」と「嫌い」を使い分ける。


そんな当たり前のようなことがきちんとできている人が、
誰かの何かに揺るがされることなく
自分の意志を内側から発して
キラキラ輝いているんだろうなって思います。


逆に、
自分のことが分からない。
周りの人のことが気になる。
誰かの発言に対してふらふらする。
好きなことが分からない。

なんて方は、このイエローがちょっと弱いんです。


自分の意志をしっかり持つことができていないから、
あの人が言うから、この人はこう言ってるから・・・
ってふらふらさまよい迷子になっちゃうんです。


もし、自分がさまよっているなって感じたら、
ふらふらさまよいながらでもいいので、
自分の中の「好き」と「嫌い」を見極めてみてください。


きっとすべてすごいとは思わないはず。^^
この言い方はちょっと嫌だな。
こういう考えは好きだな。
ここは共感できるな。
私だったらこう思うな。


そんな人の言葉や行動の中から、
自分の「好き」と「嫌い」を見つけていけばいいんです♪
この人がこう言ってるから全部やるべき。
なんてことはないんです。
いいとこどりでもOKだし、異論を唱えるのもありなんです。^^


誰かの影響を受けていちいち揺れる自分がイヤだなと思ったら、
自分のStyleを見つけてみてください。
まずは自分の「好き」と「嫌い」に気づく。
そして、「私は」という主語をしっかり使って話す。
自分の真ん中に軸を置く、自分軸の色がイエローなんです。


本当はすでに持っているはずのもの。
後は気づいて固めていくだけなんです。
そもそも誰もが唯一無二の存在。
あなたはしっかり自分の光を発してもいいんです♡

人は誰かに背中を押されたいと思うモノ。
「これでいいのかな?」とブレる自分に「いいんだよ」と言えるのは
本当は自分だけ♪
色は、自分自身のこころからのメッセージを届けてくれます。
一緒に自分の中を整理してみませんか?


◆ Blog ◆

先日、6ベーシックカラーセラピーのセラピスト養成講座をすでに…

自分に自信が持てない自分に価値を感じられない これらが関係す…

自分に自信がない。自分に自信を持ちたい。 と思って、自信を持…

いい人をやりたくてやってきたわけではないけれど、気づいたらみ…