敏感さん、HSP、エンパスなど、
敏感に周りの空気を読んで疲れてしまう人が多いけど、
その能力はただただ生まれ持ったものではなく、
育った環境でも作られているって思います。


今思えば私の家族は機能不全家族だったな・・・とも。
切れるとちゃぶ台ひっくり返すようなド昭和のワンマンな父に怯え、
ぎりぎり保たれている平和な状況を守るために、
家の中の空気を読みまくっていたな・・・って今では思うのです。


でも、それは過去の環境で必要だったってだけで、
今はもう不要なモノ。
だから、自分に許可を出したのです。


「もう空気は読まなくていい」って。


もちろん、空気を読んで・・・って必要な時もあるけれど、
大事にしなければいけないのは自分のこころだって思うんです。


怒っちゃいけないとか、我慢しなくちゃいけないとか
悲しみや寂しさ、不安や心配を一生懸命フタしていると
本当にこころが壊れてしまうから。


たくさんたくさん周りのことを気にして
自分のこころを置き去りにしてきたと思うのです。


だから、自分のこころを優先する許可を出す。
もう空気はできるだけ読まない。
空気は吸って吐くんだって。

機能不全家族については、こちらの記事をぜひ♡

妹尾まみさん著書の『生きづらいあなたには「見捨てられ不安」がある!の本とピンクのスイトピーの写真

◆ Blog ◆

カラーセラピストの養成講座を受けてくださった、セラピストのみ…

「私なんて」、って言葉を使う時は、「どうせ、私なんて」って「…

先日、6ベーシックカラーセラピーのセラピスト養成講座をすでに…

自分に自信が持てない自分に価値を感じられない これらが関係す…