1月、2月はやる気が出ない?! 五行から学ぶ冬の時期をうまく乗り切る方法 

冬になると朝はなかなか日が昇らず、夜は早くに日が沈み…


そもそもの日照時間が少なくなるため、
元気が出ないんです。
やる気が出ないんです。。。なんて方が多くなるんです。


私も、曇っている日は元気が出ない・・・
っていう人の1人だったりします。


この時期感じる「元気が出ない」、「やる気が出ない」は、
あなただけの問題じゃないのです。
季節的にも仕方のないことだったりするんです。


自然に逆らわず、冬を一緒にうまく乗り切りましょう♪

五行説ってご存じですか?

五行説の説明_季節

五行説とは、古代中国で発生した自然哲学の思想です。
自然界に存在するあらゆる物質を「木(もく)」、「火(か)」、「土(ど)」、「金(ごん・こん)」、「水(すい)」というの種類の元素に分類し、この5種類の物質とその変化によって、万物が成り立っているという考え方です。


東洋医学や中医学と呼ばれる医学の基となる思想でもあり、鍼灸や漢方、食養生や気功、あんまなどで使われているのでご存じの方も多いと思います。


自然界にあるエネルギーと調和して、身体を整え、自然と共に生きるのが本来自然界(地球)に生きるもののあり方。
本来ならば、考える必要のないはずのものだったりするのですが、自然界のエネルギーに逆らって生きている人間には必要な思想なんですよね。


人間には多くのものを蓄える力があるため、平均的に食べ物を手に入れ、そのほかの技術で1年を難なく過ごせる。


そのおかげで、がんばりすぎたり、季節のエネルギーに乗れず体に不要なものを溜め込んだりしてしまい、体の不調が出てくるのですね。。。


自然いっぱいの場所で、自給自足の生活。
私としてはあこがれの生活でもありますが、さすがに文明の利器を知ってしまった以上、やっぱり完全に自然の中での生活は不便さを感じ、二の足を踏みます。


普段の生活でも、五行の考えを知るだけで自分で自分を整え、守れるようになる。
五行はそんな自然本来の自分の力を取り戻すための知恵だと、私は思っています。

1月2月、冬はエネルギーが下がる時期

五行説の説明_季節とトリコ

五行の四季は、旧暦にあたるとも言われていますが、大地にどのエネルギーが一番多く届いているかで考えます。


冬のこの時期、太陽の位置が低く、日照時間も少ない。
そのため、地球に届く『陽』の気も少なくなるんです。


『陽』は、陰陽論の『陽』です。
『陽』は、日・春・夏・動・上・外向きの性質を持ちます。
対して、『陰』は、月・秋・冬・静・下・内向きの性質を持ちます。


行動力や元気の源になる『陽』の気は、夏の季節に一番多くなり、その逆になる冬は『陰』の気が一番多くなるんです。


自分の周り、大気自体にそもそも『陽』の気が少なくなるため、人間である私たちが受け取れる『陽』の気も少なくなる…
冬に行動意欲が減り、ネガティブになり、やる気が出ない、元気が出ないのは私たちが弱いから、ダメだからではないんです。


この時期、動けば動くほどエネルギーが使われるため、不安や心配は増えるんです。
本当だったら、次の季節に移るための準備のために、体力を温存し、英気を養い、準備をする季節だから、どか~んと大きいことをしようとするより、春に向かってゆるぎない準備をするのが一番なんです♡

冬をうまく乗り切る方法とは

そうはいっても、何もしないわけにはいきませんよね。


やりたいことがある!
これをしなければ!
っていうものは少なからずありますからね。


なので、うまく『気』を補充していきましょう♪


なんかうまくいかない、元気が出ない、やる気が出ない・・・
そんな時は、


1、とりあえず、寝る

女の子がテディベアを抱いて寝ている写真


ちょっとふざけてるようにも思えますが、寝ることで『気』を補充することができます。
冬は、活動的になるより、できるだけ早く寝て、遅く起きるくらいのつもりで過ごす余裕が必要。

たっぷり睡眠をとるためには、集中的にやるべきことをこなして、不要なことはやらないことも必要です。
それが、質のいい睡眠を得ることにもつながりますね。

2、食事と呼吸で気を取り込む

質のいい食事と呼吸は、『気』を取り込む方法の1つです。
添加物たっぷりのコンビニのお弁当なんてダメですよ!できるだけ、旬のものを頂く。
その時期にできる野菜ということは、その時期のエネルギーを存分に蓄えてるってことですからね♪

そして、深い呼吸。
常にスマホかパソコンの前なんてことはないですか?
前かがみになると、身体が内に入り、内臓が圧迫され、呼吸が浅くなります。

加えて、身体が内側に入るということは、気持ちも内側に入るということ…
落ち込んだりネガティブになりやすくなるんです。
時には深呼吸をする。大切です♡

3、適度な運動で気をめぐらせる

身体に取り込んだエネルギー『気』をめぐらせるには、適度な運動が必要です。

ふくらはぎは第二の心臓と言われるくらい大切な場所。
寒いから運動はヤダ、できる限りこたつから出たくない、仕事で座りっぱなしで動かないなど、ふくらはぎの伸び縮みが少なくなると体に十分な血液や養分が行き届かなくなるため、不要なものを体に貯めやすくなるんです。

すると、歳を重ねるごとにあちこち身体に異変が…なんてことにも。
適度な運動を日ごろから取り入れて、心身ともに健康に過ごしましょう♪


よく寝て、よく食べて、よく身体を動かす。

本当は当たり前のようなことばかりですよね。

でも、毎日あれをしないと!これをしないと!
あれもしたい!これもしたい!
なんて忙しく動いていたりすると忘れてしまうこと。

冬はそもそもが、活動の時期に向いていないのならば、春が来た時によし!って動けるように準備するのが1番。


五行を説明するのに使った図は、センセーショントリコロールと呼ばれるカラーセラピーにも通ずるものなんです。

センセーショントリコロールのボトル


自分のサイクルを色で見ていくシステム。
どこで滞るのか、どういう成功パターンを持っているのか、
自分のサイクルをスムーズに回すためには?

なんてことを見ていきます。
ただいま、準備中なので、また準備ができたらご紹介したいと思います♡

その他、ご自分のことを知りたい方はこちらから♡

今の不安や心配はどこから?
うまくいかない原因は何?
不要なことを手放し、今必要なものを手に入れて、踏み出せない一歩を踏み出してみませんか?


◆ 関連記事 ◆

◆ 最近の記事 ◆