潜在意識って何ですか?

色と潜在意識はリンクします。

カラーセラピーは、潜在意識の中をみていくためのツールです。



なんて、『潜在意識』という言葉を普通に使っていましたが、
実は時々『潜在意識って何ですか?』と聞かれることもあったりあるんですよね。


以前より心理やスピリチュアル的なことに関する情報や、興味を持つ方が増えたため、なんとなく知っている方も多いとも思いますが。


まだまだ謎が多い『脳』の領域のため、決定的にこれです!
というものはないですが、
そもそもの『潜在意識』のご説明したいと思います♪

潜在意識と顕在意識

画数の多い漢字が並んでいるため、すでに難しそうに見えますが・・・


潜在意識は、簡単にお伝えすると『無意識』の領域になります。


私たちは、1日の内で多くのものを見聞きし、脳にインプットさせています。
でも、全ての詳細を覚えてはいませんよね?
家から会社の行き方をいちいち「右曲がって、左曲がって」なんて考えてませんよね?
それだけでなく、今日の夕飯どうしよう?とか、土日なにして過ごそうかなんて考えて歩いていたり。

これらの普段は意識していない情報や知識をしまっておく場所を『潜在意識』と呼んでいます。



その逆で、顕在意識は通常「意識」と呼んでいる『有意識』の領域。

あれして、これして
これをやったらこうなって・・・
なんて、意識や認知している部分です。


よく氷山をたとえに使われますが、イメージ的にはこんな感じですね。


そんな普段私たちが認識して考えたり悩んだり判断したりしているのは、脳の機能として10%未満と言われてます。


残り90%以上が、潜在意識と呼ばれている普段使われていない?脳の機能。


私たちは、この『潜在意識』と呼ばれる部分に守られてもいるのですが、ここがネガティブでいっぱいだったりするといざという時ブロックされたり、うまくいかないサイクルができていたり・・・。
なので、未来は潜在意識次第だったりも・・・?


でもだからこそ、ここにしまってある情報を認識して、不要なものは手放し、上書きできるものは上書きすることで、未来が変わるんですね♪


それができる方法の1つが、カラーセラピーなのです♡

感情は、潜在意識の中の記憶によって作られる?!

感情やその時にとる言動って、勝手に表れてるように思いますよね!?

でも実は、既に潜在意識の中に保存されている昔の出来事によって作られるんです。


先ほどの図を使ってユング心理学を基にご説明しますね。

ユング心理学を基にしています。


顕在意識は、ユング心理学では『表層意識』とも呼ばれています。先ほどお伝えした、一般的な『意識』または『有意識』とも同じことです。


個人的無意識は、その名のとおり個人的な無意識で、潜在意識と呼ばれている部分。
個人的に学習して得た知識や情報、感情などがしまわれている場所。


そして、最後が集合的意識。
教えられなくても知っているようなことが収納されていると言われています。
火は熱いとか、危ないとか。


『感情の基』や行動に関する『ブロック』などは、この個人的無意識に収納されているんです。


子供のころに○○して母親に褒められた。
××をして先生に怒られた。
なんていう情報も象徴やイメージとして蓄積されていくんですね。


褒められた記憶は、自分に『OK』を出す基準になり、自信となって蓄積されます。
その逆に怒られた記憶は、自分に『NO』を出す基準になり、私はダメなんだ…という基準となって蓄積されます。


潜在意識の中には、象徴やイメージで収納されていると言われています。
なので、潜在意識の中にある☆型と同じような刺激が外から加わると、過去に☆型として収納したときの感情や反応が瞬時に発生するんです。


ちょうど自販機のような仕組みですね。
外からの刺激としてコーラのボタンを押すと、自販機に内蔵されているコーラが出てくるような。


でも、この反応がもしネガティブなものであれば、この反応を作り出している基は過去のものなので手放したり、上書きをすることで欲しい行動や感情に書き換えられるんです。


だから、『認識する』ことが大切になってくるんです。


時々過去のことをほとんど覚えていないという人もいます。
それはそれで、不要だから記憶として持っていない場合もあるし、もう二度と開きたくない記憶なのでパンドラの箱にしまっています。
でも、もし今ちょっとでも自分が欲しい感情や状況を手に入れることができないとするなら、『今』を認識することで未来は変わります。


そんな普段認識していない潜在意識にアクセスして、自分の思い通りの未来に進むために、カラーセラピーが有効なのです。


なぜカラーセラピーが有効なの?

潜在意識にアクセスする方法は、今やたくさんありますね。


普通に心理カウンセリングのような心理学を使用したものであったり、アロマテラピーや瞑想を使ったもの。


でも、こころを変えるって結構大変なんですよね。。。


なぜなら人間のベースには、『人間は生きていればOK』という考えがあるから。
いろんな経験を潜り抜けて、今生きているんだからそれでいいじゃない!っていうのが脳の思い。


そもそもの脳の作りとして、『変化=死』でもあるので、変化しないように頑張ってくれているんです。
ありがたいようなそうでないような・・・ですよね。


それを継続的に変えられるように意識づけ、変化に導いてくれるのが色でもあるんです♪


そもそもの潜在意識にアクセスして、その後変化を助けてくれるなんてありがたいですよね♡
しかも、色は光がある限り絶対的にあるものなので、めちゃめちゃお金をかけなくても手に入ります。


普段無意識で選んでいる色を、ちょっと意識して選んであげるだけでこころはどんどん変わるんです♡


ブロックしていたものが解け、一生懸命着ていた鎧も脱ぎ、課題だった人間関係も改善され、苦しんでいたころがうそのように『ありのままの私』として生きていられるようになりました♪


必要な色をぜひ意識的に取り入れてみてくださいね♪

自分に必要な色を知りたい方は、こちらから♪

カラーセラピー

◆ 関連記事 ◆

◆ 最近の記事 ◆