本当にこの人、私と真逆なタイプだな・・・
って感じる人っていますよね。
絶対分かり合えないかも。。。
全くかみ合わない。
何でわかってくれないかなぁ?
話が通じない。。。


それが、人間的に問題がある人なら、
もういい!って離れることも選択肢になるけど、
嫌いじゃないんだけど・・・ってことや
関わらないといけない相手だったりするとモヤモヤ~ってしたり。。。


でも、私の経験上、
自分に余裕がなかったり、
ちゃんと自分のことをケアできていなかったり、
自分に目を向けられていない時に
イライラするっ!もういいや!って思っていたような。。。^^;


少し前、実は私も知り合いの方と
もういいかな、この関係。。。
と思うことがあったのですw

冷静になって振り返ってみると、
こういうとこが嫌かも、
何で相手のこと考えないのかな?
など、イライラしている間は私も
自分の欲求を通すことばかり考えていたような。。。


でも、会ってちゃんと話をしてみると
やっぱり嫌いではなく。。。
この人はきっと変わらないかも。。。
と思いつつ、
でも、もしまた同じことがあっても、
私がちゃんと伝えればいいことかも。
それでダメならまた考えようって思ったんですよね。


ちなみに、「無理!もういい!」って
人間関係を終了させてしまうのは、レッド強めの人。
「分かり合えないなら、結構です!」
というか、
「わかってもらえないならもういい!」
って感じかもしれませんがwww


そんなレッドに対して、相手との距離を
調整しながら人と関われる柔軟さを持っているのは、
真逆の色のグリーンなんです。


ちょっとレッド多めで人間関係が上手くいかない…って方は、
このグリーンの柔軟性を取り入れた方がよいですねw


もちろんこれは「いい、悪い」の問題ではありません。^^
本来誰もがどちらも持っているもので、
どっちもバランスよく使えるとよいというお話です。


レッドばかり使って人と接していると
人間関係が狭くなってしまうので、
グリーンの感覚も使えるとラクになるってだけです。^^


あちこちで書いていますが、
そんなレッドとグリーンは補色と言われる真逆の色。
かっち~んときたら、わ~!!!って言っちゃうレッドと、
うま~く交わしながら人間関係を作れるグリーンは真逆の色。


だから、真っ向から見たら
「気の合わない人」になりやすい。
ツーといってもカーと返ってこない
テンポも違うし、価値観も間反対だったりw


でも、合わない部分だけを見るのか、
実は真ん中にある共通点を見るのかで、
関わり方って変わるんです。^^

補色は、間反対だけど、
共通点が必ずある色なんです。^^
そこが見えたら気の合う仲になる♡
そもそもがお互いを補う色なので。


でも、それには「わかってよ!」だけではダメなんですよね。
昔の私は「なんでわかってくれないの!?」と
相手にわかってもらおうとばかりしてました。汗


察してよ、気づいてよ、わかってよ!ってw
でも、それって自分が逆に言われたら無理ですよねwww
エスパーじゃないし!!って。(笑)


わかってもらうためには、自分のことをちゃんと伝えることが必要で、
それには恥ずかしかったり、
怖かったり、痛かったりすることも
やってみないとダメだったりするんですよね。
主張ではなく、コミュニケーションをとる。
ちゃんと相手が受け取れるように話をする。


でも、「わかってよ!」って人に対して思っていたけど、
実は私が、自分のこころを無視し続けていただけだったりもw


実は一番わかって欲しい欲しいのは、
「誰か」ではなく、「自分」になんですよね。^^


真逆の人の感覚は、取り入れてみて。
でも、その前に自分で自分のこころの声を聴いてみて。
本当は何を望んでいるのか。^^


気づいて欲しいのは、本当は「自分」になのです♡



自分のこころを知るには、色を使うのが最適です♡
意識していなかった部分にもアクセスできるので、
思わぬ自分も見えてくる♡
気づくととってもラクになるんです♡


◆ Blog ◆

先日、6ベーシックカラーセラピーのセラピスト養成講座をすでに…

自分に自信が持てない自分に価値を感じられない これらが関係す…

自分に自信がない。自分に自信を持ちたい。 と思って、自信を持…

いい人をやりたくてやってきたわけではないけれど、気づいたらみ…