晴れていると「いい天気だね」と言いますが、
悪い天気ってどんな天気?って思うのは私だけでしょうか?
ちょっと、揚げ足取りのような感じですけどwww

ここ最近場所によっては雨不足で困っている人もいる。
とすれば、雨を恵みの雨だと思う人もいるはず。


とはいえ、私も昔は雨が嫌いだったような。
以前の私は、そもそもが超ネガティブ体質だったので、
太陽が出ていない日は格段に元気を出せず、
梅雨時期、冬時、基本的に気分は沈みがちで鬱々としっぱなしw


でも、「雨の日はがんばらない日」ってした時から
憂鬱さが格段に減ったのです。


きっと誰もが毎日をポジティブに過ごして、
いつもいいことばっかり起きて、幸せな毎日♡
って思いたいと願っているはず。


そもそもが「ポジティブであることがよいこと」という
感覚に陥るような情報が多いので、
ただただネガティブを否定しているだけとも言えるけど。。。


でも自分をポジティブに保つために
そのためにいつも自分のことを磨いたり、
いろんなことを学んで知識をたくさん詰め込んで、
前向きに過ごせるような努力をしたり。


それはとっても素敵なことで、
私もネガティブ思考の自分が大嫌いだったので、
そうあれるようにと頑張っていたころも。。。


でも、ポジティブになることを楽しめるのであれば
がんばることをお勧めしますが、
ただがんばっていると苦しくなることも多々。


そもそもがんばれることってきっと自分にとって大切だったり
好きなことなはずだから楽しめばいいだけなのに、
どこか真面目な部分を持っているといつの間にか
自分を追い込んで苦しくなっているなんてこともw


だから、がんばらない日を作るってありだと思うのです♡
こころを緩める日。
自分に甘くなっていい日。
ずる休みをしたり、だらだらしたり、そんなことを雨のせいにする♪


先日読んだ本の中に
「雨は背中を押してくれる」という一節が。


背中を押すのは、ポジティブにではなく
いつも自分ができない、やってはいけないと思っていることに
背中を押してくれるという意味。


がんばらないという選択や、
もう止めるという選択。
何か手放したくても手放せなかったものを
手放すための後押し。


雨=憂鬱 って思えば本当にただの憂鬱な日になるけど、
ネガティブの中のポジティブを探すと
気持ちは軽くなるもの。


ネガティブだと思うのは自分の価値観からくるもの。
ネガティブに見えるものをポジティブに変換できるようになると
世界がもっと自分に優しくなるはずなのです♡




◆ Blog ◆

先日、6ベーシックカラーセラピーのセラピスト養成講座をすでに…

自分に自信が持てない自分に価値を感じられない これらが関係す…

自分に自信がない。自分に自信を持ちたい。 と思って、自信を持…

いい人をやりたくてやってきたわけではないけれど、気づいたらみ…