色の意味にはバランスがある?!

色の意味は無数にあります。
もちろん、そもそもの色の意味を作っているものはあります。
詳しいお話は、こちら↓
色の意味とその心理はなにが基になっている?

カラーセラピーは、クライアントさんとのお話により成立するものなので、クラアントさんがどう色のキーワードを受け取るかによっても変わってきます。


オレンジのキーワードを投げかけたとしても、それに対して返されたお話によってその色がバランスよくつかわれているのか、それともオレンジのエネルギーが足りないのか、多すぎるのかを判断していきます。


その判断する基準は、『カラースケール』と呼ばれています。
ポジティブを真ん中にして、
多すぎる=『オーバー』、少なすぎる=『アンダー』
(当たり前の呼び方ですね)と表し、その状態によって処方する色(必要となる色)が変わってくるのです。

色の意味がポジティブな状態とは

色がポジティブな状態とは、その色自体が持っている色の意味がバランスよく使われているという状態です。


私たちは、チャクラで言うところの7色をすべて持っているとされています。
「あなたには赤がありませんね」なんてことはありません。
7色持っている色のエネルギーがすべて同じようにバランスよく動いている時に、私たちは『神』に近い存在になれると考えられたのがチャクラです。


なので、レッドの『地に足をつける』という意味がポジティブな状態というのは、その意味の行動が問題なくできているということになります。
『行動』であれば、行動しているということですね。


ちなみに、ポジティブな状態はバランスが良い状態なので、セッション中にわざわざ『ポジティブな状態ですね』とは言いません。

レッドのボトル

色の意味がアンダーな状態とは

色の意味がアンダーな状態というのは、その色自体が持っている色のエネルギーが『足りない』という状態ですので、意味合い的には『ネガティブ』になります。


レッドの『地に足をつける』という意味がアンダーな状態というのは、その意味の行動をするための、レッドのエネルギーが「足りない」ということになります。


『地に足をつける』という意味がアンダーということは、地に足がついていないということ。
言い換えると、理想ばかり追い求めていて行動ができていない状態ってことですね。
『行動』という意味であれば、行動できていないということ。

この時、レッドに対して2つの態度を示します。
レッドを『必要として選んでいる場合』と、『選べない場合』。

カラーセラピーで、レッドを選んでいるけど…という時は、その色を必要として選んでいる場合があります。
持っていないから、手に入れようとしている。課題として選んでいるという状況です。

または、そこまでのエネルギーが足りていない、そこまで至っていないため選べない。

私たちはふだん何気なく色を選んだりしていますが、実は無意識のうちに必要として選んでいたり、気づかずに選んでいない色に意味があったりするのです♪

色の意味がアンダーの場合は、その色をそのまま手にすると色がサポートしてくれるかもしれません♡

赤い靴

色の意味がオーバーな状態とは

色の意味がオーバーな状態というのは、その色自体が持っている色のエネルギーが『多すぎる』という状態ですので、これも意味合い的には『ネガティブ』になります。


レッドの『地に足をつける』という意味がオーバーな状態というのは、その意味の行動をするための、レッドのエネルギーが多すぎるということになります


『地に足をつける』という意味がオーバーということは、地に足がつきすぎているということ。
言い換えると、安定を望むその場から動かない状態。お尻に根が生えている状態といった感じですね。(古い?)
『行動』という意味であれば、行動しすぎているということ。
働きすぎやワーカホリックといった状態。


この時も、同じようにレッドに対して2つの態度を示します。
レッドが十分あるから共鳴して『選んでいる場合』と、多すぎて『選びたくない場合』。

色の意味がアンダーの場合は、その色の補色をお勧めすします。
補色とは、色相環で反対側に当たる色。
相反する色ですが、相補う色でもあるため、多すぎるエネルギーの色には補色を取り入れてあげることでバランスが取れるようになるのです♪

レッドとグリーンのボトル

目指すは、バランスの取れた状態♡

何事もそうですが、多すぎてもやっぱり駄目ですし、少なすぎもダメ。
好きなものだけ食べれば身体もこころも乱れますし、体にいいものだけを食べていればおもしろみに欠け、逆にストレスになることも…?
バランスが取れた状態がこころにも身体にもやっぱりいいんです♡


レッドもオレンジもイエローも。。。
すべてそろっていて同じように均等にエネルギーがある状態が望ましいんです。
それを教えてくれているのが、チャクラでもあるのです。
※チャクラについてはこちらから♪↓
色で自分軸を作るためのチャクラバランスを整えよう


私は色を学んでから、自分の状態を色に置き換えて、今自分に取り入れるべき色をとりいれ行動に変えています。
おかげでいろいろとバランスの取れなかった自分の感情や行動がニュートラルになってきました♡


色って、当たり前にあるものなので気にしなければず~っときにならない存在ですが、実は一番身近で一番自分のことを知るのに役に立ったりするんですよ♪


◆ 関連記事 ◆

その他のアーカイブ

◆ 最近の記事 ◆

その他のアーカイブ