チャクラとは

チャクラは、私たちの体の中に存在する『生きていく上で必要な生命エネルギー』を取り入れるためのツボのような7つのポイントを意味します。

私たちは、肉体と魂や霊魂などと呼ばれる目には見えないエネルギー体でできているとされてますが、その肉体と魂や精神をつなぎ合わせているのがチャクラでもあるのです。

もう少し詳しいチャクラについてはこちらから
『色』から見るチャクラ♡ チャクラで生きづらさを解消して自由に生きる

チャクラを知ると生きやすくなる

チャクラは、人間の精神成長段階ともリンクしています。
それぞれ1つ1つの色に課題となるテーマがあり、歳を重ねることで習得しながら魂レベルを上げいきます。

私たちが今生きにくい、何か上手くいかない、苦手…と思うことは、そのチャクラを1つ1つ積み上げていく過程の中で、何らかの影響でうまく習得できなかったものと考えられるのです。

だからこそ、苦手と感じるチャクラの課題に取り組んだり、テーマに意識を向けることで、自分の人生をスムーズに回せるようになるのです。

第1チャクラの色と位置と意味

第1チャクラは、肛門と性器の間に位置します。
地球の大地のエネルギーとつながるために下向きにあり、常に下に引く力、重力と関係をもつことで私たちを物質的な存在とさせるのです。

7つのチャクラの中で回転速度は一番遅く、色はレッドと共鳴します。
基底のチャクラ、ルート(根)チャクラなどと呼ばれ、サンスクリット語で、『ムーラダーラ』根、支えるものを意味します。


第1チャクラが持つテーマと習得する時期

第1チャクラのテーマ

1つのチャクラで習得する課題は「これ」という1つではなく、大きなテーマの中にいろんな側面でいくつか存在します。

第1チャクラであるレッドの大きなテーマは、
『生存・肉体的欲求』


人間にとって最大の重要事項は『生存すること』そして、そのための成長に関わります。
生を受けたばかりの私たちの肉体(脳)として、自分に起こることは「生か死か」の二択。「闘争・逃走反応」にも関係し、1人の人間として生存するために必要なこと、例えば安心して生存できる環境や食べること、排せつなど、基本的で肉体的、物質的な欲求をテーマとします。

第1チャクラを習得する時期

ルートチャクラ、ベースチャクラと名前がついているように第1チャクラは私たちが生きる上で1番最初に手に入れるべきものを表します

諸説ありますが、歳で言うと0歳~7歳くらい。
生を受けてから自分の課題をこなし、人生を最後まで生き抜くために必要な「土台・基礎、基盤」となる色です。

「生を受けてから」なので、お母さんの身体から離れてとも解釈されますし、そもそもお母さんのお腹に宿った時からと解釈されることもあります。

生きていく上で土台になるもの

先にお伝えしたように、第1チャクラは『生きていく上で土台になるもの』です。チャクラは、積み上げていくものなので、この『土台』が重要になってくるのです。

帰属意識

第1チャクラは、帰属意識の中で「自分はここにいてもいい」、「ここへ帰れば安心」という生きていく上で必要な「安定」を培うチャクラでもあります。
家族や、家族でなくても安心して心身ともに休める場所。望む望まないではなく、「ここにいていい」、「自分は存在していていいんだ」という当たり前の権利を自分が感じることで、成長し他者のため、自分が帰属するみんなのために行動する土台になるのです。

安心して帰れる塒(ねぐら)があるのとないのでは、昼間狩りのために獣と戦う集中力が変わるはずですよね。

求めれば得られる安心感

このチャクラは幼児期に培われるものなので、この時期に母親やそれに代わる人達との関係性によって、その後の人生に影響を与えるといわれています。

生まれたばかりの赤ん坊には生きる力はありますが、自力でご飯を手に入れてきたり、排せつしたものを処理したりする能力はありませんよね。
言葉も使えないから、とにかく「泣く」という方法で「どうにかして~」と訴えます。

母親の顔が見えなかったり、放置されていることへの不安や寂しさなども泣くことにより、抱きかかえられ、肌のぬくもりにを感じることでいつでもこの場所へ帰れるというという安心感を受け取ります。

この「求めれば与えられる」という安心を手に入れることができると、その後の人生も問題なく成長し進んでいくことができるのです。

安定した環境や仕事

第1チャクラは幼少期に関係するものですが、成長したのちも環境が安定しないと不安定な状態に陥ることのあるチャクラです。

もちろん子供のころから引っ越しが多く転校してばかりだったり、両親が不仲でいつも喧嘩ばかりだった、子供のころにお金で苦労したことがあるなんて場合は、こころが安定することが難しくなるため第1チャクラが弱くなり、不安や心配にかられやすくなることがあるのですが、子供のころだけでなく大人になっても第1チャクラが不安定になることがあります。

それは、仕事や家、財産等を失うこと。または、人生においてライフステージが変わるような、結婚、出産、引っ越し、離婚、転勤など。

土台を基に気づいたものを手放した時や、手放さなければならなくなった時、生きがいとしてきたものや「安定」が侵されるような状況に見舞われるとレッドの「土台」が不安定になることがあります。

第1チャクラ・レッドのバランス

ヨガやアーユルヴェーダのような「チャクラ」を主で使用する場合、チャクラは高次元の『氣』を取り入れるポイントのため「開いている」、「閉じている」と使われますが、チャクラには正常でバランスがとれている状態とバランスが崩れている状態で自分に起こる影響があります。

バランスがとれている状態

第1チャクラのレッドが、正常に活性化されたバランスがいい状態の場合、地に足がついたようなどっしりとした安心感と安定感のある土台があるため、多少のことでは揺るぎません。

不安や心配などを感じることなく、自分が生きていく上で必要なものはすべて手に入るという自信を持つことができるため、慌てたりネガティブになることがなくなります。
実際に自分にとっていい流れに乗れていることを確信できるため、行動力につながり成長と変化が加速します。

バランスが崩れている状態

バランスが崩れている状態には、エネルギーが過剰になりすぎている場合と不足している状態があります。

1)エネルギーが不足の状態

レッドのエネルギーが足りない状態にあると、不安や心配が先に立ってしまうため、行動につながりにくくなります。人を信用できなかったり、いつも何かに怯えていたり、原因がわからない不安に駆られていたりするため、いろんなことに臆病になってしまうこともあります。

そもそもの生きる気力や、元気、何かを手に入れようとする意欲が弱くなり、生きていく上で必要なお金や人間関係など「自分には手にする価値がない」と感じることもあるため、生きづらさを感じることもあります。

2)エネルギーが過剰な状態

エネルギーが過剰になりすぎると、自分が生きていくことが優先になりすぎて、他人より優位に立とうとしたり、利己的になり人を傷つけたりすることもあります。
短期的視点でものごとを考え、焦りや不安、心配から怒りの感情が出やすくなったり、争いや摩擦も増えたりします。

不安定なこころの状態のバランスをとるために、物欲に走ったり、お金中心の価値観になったり、働きすぎてワーカホリックになったりと人や物などわかりやすいものに依存したりすることもあります。


第1チャクラを活性化し安定させるために

第1チャクラを活性化させ生きていく上での『安定』を得るためには、レッドの色を生活に取り入れたり、アロマや天然石を取り入れたり、ヨガを行ったりといろいろ方法はありますが、まずは自分自身で「自分が存在していてもいい」ということを認識し許可することが大切です。

第1チャクラのレッドが弱目の方は、子供のころに何らかの影響で親やそれに代わる養育者の方から「欲すれば与えられる」という安心感や、自分が何もできなくても「ただただ存在していていい」という安心感を受けられていない方が多いのです。

自分が生まれ育った家族にはこころを許せなくても、誰でもいいので弱音や愚痴、頼ったりお願いしたり、甘えたりできる相手を1人でも見つけ、自分を肯定してくれる人がいるという安心感を得ることで揺るがない土台を改めて手にすることができます。
特定の誰かでなくても、コミュニティのようなグループで自分の居場所を作ることもよいでしょう。

もしそういう人や場がないという場合は、子供のころにできなかったことを思う存分してみることもよいと思います。自分に対して「ダメ」とフタをしてきたり、親からダメだといわれて我慢してきたことをしてみる。自分に対する「否定」を取り除けると、徐々に第1チャクラは安定してきます。

また、第1チャクラは「肉体」を表します。
グランディングという地に足を着け、自分の中心に軸を作るセンタリングも必要となります。
そのためにも、まずは自らの意思で行動してみる、実際に身体を動かしてみるなど、『肉体』を強固なものにすることでも第1チャクラは揺るがないものになってきます。

第1チャクラのまとめ

チャクラ名ルート(根)チャクラ、ベースチャクラ、基底のチャクラ
サンスクリット語ムーラダーラ(根、支えるもの)
位置肛門と仙骨の間
レッド
テーマ生存・肉体的欲求
課題生命を維持すること(自力で生き抜くこと)
年齢0~7歳
内分泌腺副腎
身体尾てい、血液循環、骨、脊柱、肉体、骨、骨格、脚

チャクラから見たレッドのエネルギーが個性的に表れている方を書いたものです♡
「こういう人もいる」と知ったり、
「自分のことかも?」と思うことで、
人間関係はスムーズになるんですよね♪

自分は何が課題なのか?
どこのチャクラがテーマなのかなど、
自分を知ってもっとラクに生きませんか?^^
もっともっとラクに生きていいんですよ♡


まず試したい・・・という方は、こちらから♡


顔は・・・という方は、メールでもご対応中です♡

センセーションカラーセラピーのボトルの写真

参考書籍

チャクラヒーリング
著者:リズ・シンプソン
訳者:竹田 悦子
出版社:ガイアブックス

◆ 関連記事 ◆

目次カラーセラピー を体験してみませんか?無料の理由♡月に3…

目次チャクラとは色とチャクラチャクラとテーマ「私は〇色があっ…

目次カラーセラピー を体験してみませんか?無料の理由♡月に3…

目次カラーセラピー を体験してみませんか?無料の理由♡月に3…