スプリンググリーン(黄緑)が気になる時の色の意味

スプリンググリーン(黄緑)という色とは?

スプリンググリーンの色彩象徴は、『新芽』や『若い植物』。
スプリンググリーンは、『リスタート』、『新たなる出発』や『成長』を意味します。


スプリンググリーンは、春の新芽や初々しい若葉の色。
冬を超え芽吹いた新芽は、過去と完全に切り離されたものではなく、長いサイクルの中でこころ新たに前を向いて成長を始める『再生』や『新たな成長』を始めます。


過去は過去とし、新しいことに目を向ける無邪気な子供のように、喜び、楽しみ、独創的な感性を持ちながら成長をしていく、創造性豊かなクリエイターの色でもあります。

スプリンググリーンが気になる時の心理(ポジティブ)

スプリンググリーンが気になる時の心理的意味として、スプリンググリーンの持つ『リスタート』するという新しい何かにチャレンジしたいというエネルギーに惹かれているのかもしれません。


スプリンググリーンは、前を見てマイペースに成長する木々の色であり、「無邪気な子供」のような「純粋さ」を持っています。
「楽しい」と思うこと、「新しい何か」に対し、興味を持ち「新たな方向性を求め」ます。


過去にしばられることなく、時には「過去を活かして」「柔軟な考えやマインド」で新しい未来へ踏み出す時期なのかもしれません。


純粋なこころは、「感受性が強く直感力、感性の鋭さ」も持ち合わせます。
想像力豊かに新しい何かを「クリエイト」したいとき、スプリンググリーンが力を貸してくれるかもしれません。

スプリンググリーンが気になる時の心理(ネガティブ)

スプリンググリーンは、新しい芽が「成長」し、季節を超え「新たな出発」をする「循環」や「サイクル」の色ですが、過剰に惹かれてしまうと行き当たりばったりの行動をとり、次から次へと「リスタート」をし始めるかもしれません。
「感受性が強く」、「柔軟性」のある「自由」だった状態から、手を出しすぎると錯綜し、「迷走」状態になってしまいます。


また、成長、変化を求めるあまり、「伸び悩み」を感じてしまったり、周りの反応に「敏感」になり「不安」や「心配」を抱えてしまう色でもあります。


スプリンググリーンは「不要なものを手放し」成長をすることで、自由で柔軟な感性や個性をもつことができます。
そのためには、錯綜してしまっている状態から、必要なものを選びとるために「目標を絞り込む」ことが必要なのかもしれません。


スプリンググリーンが過剰な方には、補色のローズ・マゼンタをおすすめします♪
ローズ・マゼンタの記事はこちらから

◇おススメのmenu◇

カラーセラピー

◆ 関連記事 ◆

その他のアーカイブ

◆ 最近の記事 ◆

その他のアーカイブ