人間関係の悩みを色で解決♡バイオレット編

色には個性があるんです♪

特定の色にとっても惹かれた時、色の意味を知りたくなったりすることがあるかと思いますが、色にはそれぞれ『個性』もあるんです。

私たち人間一人一人に個性があるように、レッドにはレッドの個性。
グリーンにはグリーンの個性。

そのレッドからバイオレットまでの虹の7色の個性を私たちはすべて持っているのです。
「あの人はリーダー的な存在だよね」と思っている人は、7色のうちのレッドが強く表れている人だったり、だれとでも仲良くできる人はグリーンが強く表れていたりします。
どの色が強く表れているかだけで「私にはレッドがない」なんてことはないのです。

まんべんなく色の個性を持っているととってもバランスの良い人になるのですが、神様ではないのでそうはいきませんよね。
だから面白かったりするのですけど♪

まずは自分がどの色の個性を持っているのかを知ることで、自分のことを理解できるようになります。
『これが私の個性だ』って受け入れられるようになると気持ちがラクになります。
しょうがないね、レッド強いもん。。。なんてときどき諦めたり。(笑)

色の個性を知ることで、自分のことも他人のことも理解もできるようになるため、人間関係の悩みも減っていきます。
自分の中の軸、自分軸とも言われていますが、自分の中心に整ってくるので、周りの人の反応も気にならなくなってきます♪

そんな『色の個性』をお伝えしたいと思います。
あなたはどの色の個性が表れていますか?

バイオレットの個性

バイオレットは精神性が高く、特別で個性的な色です。


「高貴」という意味がありますが、バイオレットの個性を持っている人は自己アピールすることなく、ただそこいるだけで気品や存在感を感じる謙虚で控えめな人。
スピリチュアルの感覚を持っている人が多く視点が高いため、誰がどうこうとか、私がどうこうとか、誰が特別などと考えることなく、一人一人が特別で、全ての人がつながっていることを知っています。


自分の内面と向きあうことができるため、自分を信用しています。そのため、直感・直観や洞察力が鋭く、その人独自の感覚を持っているため、神秘的な雰囲気を持っています。


自分の優れている能力やパーソナリティーを自己認識しているので、それらを活用することができます。自分がすべきことも知っているので、社会貢献や社会奉仕まで視野に入れ行動する視野の広い人です。


色はレッドからオレンジ、イエローと精神段階を上げていきますが、バイオレットは一番精神性の高い色。
バイオレットの個性をバランスよく持っている人は、既に悟りを開いたような穏やかで精神性の高い人なのです♡



いい色、ダメな色はある?


色の個性は、あなたが持っている7つの色の個性のうちのどれかが強く出ているだけです。
この色はダメで、この色はいいなんて優劣は一切ありません。


もし、他の色のタイプに憧れがあるのであれば、その色の個性をちょっと強めてあげればいいんです♪


あなたの中にない色はないのですから♡


少なければ足してあげる。
多ければ減らしてあげる。
そんなことも色にはできるのです♡


この色の個性を強くしたい!
と思ったらその色を身の回りのものに足してあげてください。
小物でも洋服でも、お花でも食べ物でも♪


色があなたに力を貸してくれるかもしれません♡

◇今の自分に力を貸してくれる色を知りたい方はこちらから◇


◆ 関連記事 ◆

その他のアーカイブ

◆ 最近の記事 ◆

その他のアーカイブ