人間関係の悩みを色で解決。パープル・インディゴ編

色には個性があるんです♪

特定の色にとっても惹かれた時、色の意味を知りたくなったりすることがあるかと思いますが、色にはそれぞれ『個性』もあるんです。


私たち人間一人一人に個性があるように、レッドにはレッドの個性。
グリーンにはグリーンの個性があるんです。


そのレッドからバイオレットまでの虹の7色の個性を私たちはすべて持っているのです。
「あの人はリーダー的な存在だよね」と思っている人は、7色のうちのレッドが強く表れている人だったり、だれとでも仲良くできる人はグリーンが強く表れていたりします。
どの色が強く表れているかだけで「私にはレッドがない」なんてことはないのです。


まんべんなく色の個性を持っているととってもバランスの良い人になるのですが、神様ではないのでそうはいきませんよね。
だから面白かったりするのですけど♪


まずは自分がどの色の個性を持っているのかを知ることで、自分のことを理解できるようになります。
『これが私の個性だ』って受け入れられるようになると気持ちがラクになります。
しょうがないね、レッド強いもん。。。なんてときどき諦めたり。(笑)


色の個性を知ることで、自分のことも他人のことも理解もできるようになるため、人間関係の悩みも減っていきます。
自分の中の軸、自分軸とも言われていますが、自分の中心に整ってくるので、周りの人の反応も気にならなくなってきます♪


そんな『色の個性』をお伝えしたいと思います。
あなたはどの色の個性が表れていますか?

パープル・インディゴの個性

パープル・インディゴは、思慮深い、落ち着きのある色です。


パープル・インディゴは、ブルーよりも深みを帯びた色をしているため、ブルーの精神性がさらに深くなります。


パープル・インディゴの個性を持っている人は、内観や自己対話ができるため、自分をよく知っています。
そのため、周囲の意見や一般論に惑わされるようなことがありません。


物事をとらえる時も目に見えているものや、その場にある部分だけを見るのではなく、全体的な概要を把握してから詳細を見ようとします。
洞察力や直観・直感が優れている人も多く、一般的なデータや、自分以外の何かより自分の感覚を信じて行動するため、ちょっと神秘的な雰囲気さえ感じるかもしれません。


静かな環境や時間を好むので、誰かと群れることをあまり好みません。
パープル・インディゴの個性をもっている人は、控えめで謙虚。だけど、存在感があるちょっとミステリアスな雰囲気をもった人なのです。

いい色、ダメな色はある?


色の個性は、あなたが持っている7つの色の個性のうちのどれかが強く出ているだけです。
この色はダメで、この色はいいなんて優劣は一切ありません。


もし、他の色のタイプに憧れがあるのであれば、その色の個性をちょっと強めてあげればいいんです♪


あなたの中にない色はないのですから♡


少なければ足してあげる。
多ければ減らしてあげる。
そんなことも色にはできるのです♡


この色の個性を強くしたい!
と思ったらその色を身の回りのものに足してあげてください。
小物でも洋服でも、お花でも食べ物でも♪


色があなたに力を貸してくれるかもしれません♡

◇今の自分に力を貸してくれる色を知りたい方はこちらから◇


◆ 関連記事 ◆

その他のアーカイブ

◆ 最近の記事 ◆

その他のアーカイブ